海徳寺の歴史

日蓮宗習志野海徳寺は、昭和7年4月28日に、山梨県身延町武井坊住職小松海浄上人修徒の伊藤海徳上人と津田沼生まれの伊藤ちせ法尼とが、七面堂を創建したことからその歴史が始まります。

伊藤海徳上人は、山梨県身延町大野玄妙庵の住職を兼ね、伊藤ちせ法尼とともに、身延七面山に籠もり、苦修錬行を7年重ねました。新寺建立の浄財を得るため、山形・北海等へと布教活動を行い、昭和7年に現在の津田沼の地に七面天女をお祀りする七面堂を建立いたしました。その七面堂が現在の海徳寺の前身となります。

昭和27年11月2日に七面堂から海徳寺へと寺号公称が認可され、現在に至ります。

第一世 伊藤海徳上人 略歴

智行院日啓上人は、明治19年8月27日千葉県夷隅郡國吉村苅にて生れる。

大正3年、一念発起して身延山七面山に入山し、七ヵ年苦修錬行を重ねる。大正12年身延山武井坊住職小松海浄上人に就いて得度。死身弘法の志し強く、山形地方に五ヵ年、昭和元年より北海道において七ヵ年、教線の拡張に精進する。

昭和七年四月二十八日、海徳寺第二世伊藤ちせ(慈心院日孝)法尼と共に、千葉県習志野市津田沼の地に七面堂を創建し、立正安国の大法宣布の基礎を確立する。

昭和10年8月、身延町大野玄妙庵の住職となる。昭和12年玄妙庵住職の座を退き、昭和16年、山梨県西八代郡栄村玄立庵の住職となる。

昭和24年12月30日、世壽64歳にて遷化する。

上人亡き後の昭和27年11月2日、日蓮宗管長身延山法主大僧正深見日円猊下より、遺徳顕彰により表彰される。

第二世 伊藤ちせ法尼略歴

海徳寺第二世伊藤ちせ(慈心院日孝)法尼は、明治16年10月16日千葉郡津田沼久々田に生まれ、大正3年4月、日蓮宗の信仰に入る。

以来、伊藤海徳上人と共に、宗風宣揚に努め、身延山七面山に篭もり、苦修錬行すること七年。伊藤海徳上人を援けつつ、山形・北海道と教線を拡張子、昭和7年4月、現在の海徳寺(千葉県習志野市津田沼)の地に七面堂を創建する。

昭和27年11月2日、海徳寺の寺号公称が認可される。その際、伊藤海徳(智行院日啓)上人を加歴第一世として、第二世を伊藤ちせ法尼が継承することとなる。

昭和35年2月25日、78歳をもって遷化。

第四世 加藤海正上人 略歴

大正9年8月3日、宮城県岩出山真山に於いて、父:加藤辰吉、母:なをの5男として誕生する。昭和15年青年学校本科を卒業し、昭和17年南京教導学校を卒業する。今次大戦に従軍し、偉功を立つ。中支に於いて決死隊隊長として突撃を敢行した際、足に重貫創をうけるも、一命をとりとめ故郷に帰る。怪我の為農業に従事出来ない状態であったところ、宿縁あって上京し、昭和21年8月4日、兄:松戸本覚寺加藤錬明上人に就いて得度する。昭和25年、海徳寺開山伊藤海徳上人養女、伊藤輝子と結婚する。

伊藤ちせ法尼の寺務を補佐するものの体調を崩し、喀血手術を行う。その結果、片肺を失うこととなり、5年間の闘病生活を続けるものの、昭和32年日蓮宗信行道場、日蓮宗霊断師の一級相伝を修了する。昭和35年海徳寺第四世の法燈を継承し、昭和42年松戸本覚寺代務住職となる。

海正上人の特筆すべき功績は、昭和45年より、日蓮聖人御降誕750年の記念事業として、本堂・会館・書院の新築を行ったことである。資金の乏しいなか、上人自ら杭を持ち、コンクリートを練り、檀信徒一丸となって工事に携わり、約5年の歳月をかけて海徳寺の寺観を一新する。

住職からのご挨拶

この度、海徳寺第7世の法燈を継承することとなりました加藤智章です。これまでは松戸市本覚寺の副住職をしておりましたが、叔父である海徳寺第6世加藤貴啓上人の付嘱を受け、習志野海徳寺に入寺することとなりました。

海徳寺には小学校の時(第四世加藤海正上人代)より、小坊主として様々な行事に出仕させていただきました。僧侶としての礎を築いたのがこの海徳寺であります。先師の志を継承し、檀信徒の方々と一緒にお題目をお唱えしてまいりたいと思います。

住職として特に大切にしていきたいと考えている目標が、お寺をより身近に感じていただき、お寺に対する敷居を低くすることです。仏教について難解な点が多いのは事実ですが、実は我々の生活に密着したものであります。難解なことであっても出来る限り噛み砕いて、わかりやすく説明していきたいと考えております。

さらに、お布施に関しても安心していただけるように出来る限りわかりやすくお伝えしていきたいと思います。本覚寺の副住職を長年務め、最も多い質問が『お布施はいくら包めばよろしいのですか?』という質問でした。お布施という性質上、どのようにお答えすべきかは難しいです。しかし、ある程度の目安というものを具体的に提示した方が実は安心だとのお声も多くお聞きいたします。そのため、質問された場合には平均的に包まれている額を具体的にお答えし、実際にはお包みいただいたものをそのままお受けするということを海徳寺の基本方針として掲げております。