年間行事として正月祈祷会、春季彼岸会、施餓鬼会、秋季彼岸会、宗祖御会式、月例行事として毎月1日に盛運祈願祭、第2土曜日に唱題行、19日に感謝祭を行っております。

 

盛運祈願会の模様1

 

毎月1日に、檀信徒及び家族の健康・安全を祈願する盛運祈願祭を行い、『倶生霊神符』という御守を出しています。

倶生霊神さまとは、同生天・同名天という二人の神様のことをあわせた呼称です。同生天は、あなたの身体(健康)を危険から守り、福を与えてくれる神様です。一方、同名天という神様はあなたの生活(経済)を守り、徳を与えてくれる神様です。

毎月の盛運祈願祭では、前月のご守護に対する感謝の思いを示すとともに、祈願祭にて新しい力を頂戴し、次の1ヶ月の無事安全を願い、前月の霊神符とその月の新しい霊神符とを交換します。

 

毎月19日に、月の途中までの健康・安全ですごせた事に感謝し、月末までの健康・安全を『倶生霊神』に祈願する法要です。

 

毎月第2土曜日の唱題行では、皆様と一緒にお題目『南無妙法蓮華経』を一心お唱えしております。唱題行は日蓮宗独自の修行方法で、心を静かに落ちつかせた後に、大きな声で繰り返しお題目をお唱えし、自分自身を見つめる修行です。慌ただしい毎日に追われ心の安らぎが必要な方は、是非唱題行の会に参加してみてはいかがでしょうか?